のびの気になるアレコレ

日常の気になる事柄をちょっと掘り下げてみるブログ

季節の話題

2018年は鎌倉明月院の紫陽花の見ごろ時期は?混雑状況をご紹介!

投稿日:

Pocket

梅雨の季節が近づいてきましたね。憂鬱な時期ですが梅雨だからこそ楽しめる場所もあります。

鎌倉の「明月院」では6月に満開となった紫陽花を楽しむことができます!

鎌倉には紫陽花の名所スポットが多くありますが、その中でも明月院は紫陽花寺とも呼ばれているほど紫陽花の名所。

今回の記事では、その明月院の紫陽花の見ごろ時期や混雑状況などをご紹介します。




2018年、紫陽花の見ごろ時期と混雑状況

明月院の紫陽花の見ごろ時期

今年の明月院の紫陽花の見ごろ時期は6月と予想されます。

ですが毎年の気候次第で見ごろは変わってくるので6月の上旬・中旬・下旬のどれが見ごろなのか、見極めが難しいので確実ではありません。

ですが例年、梅雨の時期が来る6月中旬頃には青々とした紫陽花を見ることができます。


梅雨の時期は雨で行こうか迷う人もいるかと思われますが、雨の日の紫陽花は雨の雫が綺麗に光ってとても美しく、必見ですね。「明月院ブルー」とも呼ばれるほどキレイな青の紫陽花は、明月院でしか見ることができないため毎年たくさんの観光客が訪れています!

関連記事:関東北部・南部の梅雨入り予想をご紹介

明月院の混雑状況

明月院の紫陽花はとても人気があって、例年入場規制がされるほど混雑します。

平日はすんなり入れても土日祝日は1時間ほど待つ事もあります。

早く入場したい人は、当然平日に行くことをオススメします。

紫陽花の写真などを撮影するには朝・昼は人混みで難しいので撮影などをしたい人は明日院の閉門時間の2時間前くらいに行けば混雑を避けゆっくりと写真を撮ることができます。

明月院の紫陽花の特徴は?

明月院の紫陽花のほとんどは「ヒメジアジサイ」という種類で統一されています。


ヒメジアジサイは日本古来の種類で花弁は土地の酸性が強いと青くなり、アルカリ性が強いとピンク色になる傾向があります。

明日院のヒメジアジサイは主に青色なので酸性が強いと考えられますが、白やピンク色の花弁も見られることから「七変化」などの別名もあるそうで、土地によって色が変わる珍しい花としても有名なのです。

明月院の紫陽花は神秘的な美しさで癒されたい方にオススメ!

次にご紹介する動画では、雨の日の紫陽花です。
晴れの日の紫陽花も綺麗ですが、雨に濡れ光る紫陽花は綺麗で見とれてしまいます。どんな天候でも美しく咲いている紫陽花はとても魅力的ですね。

<雨の日の紫陽花 鎌倉>

明月院とは?拝観情報

明月院とは?

「明日院」は1159年に起こった平治の乱で没した山内首藤俊道の(やまうちすどうとしみち)の菩提のために、その子経俊が「明月庵」を建立したのが始まりです。

1380年に関東官僚の上杉憲方が禅興寺という寺院を再興した際に、明月庵から明月院と名前を改められて頭寺院の首位になったといいます。

禅興寺は関東で一番大きい寺と言われていましたが明治初年頃に廃絶され、明月院だけが残りました。太平洋戦争後は紫陽花の咲く美しいお寺として有名になったと言われています。

明月院の拝観情報

明月院の拝観料金、営業時間などを紹介します。

◇場所:〒247-0062  神奈川県鎌倉市山ノ内189
◇拝観料金:1人 300円
※6月と紅葉の時期は庭園特別拝観あり。(別途 500円)
◇営業時間:9:00~16:00
※6月は8:30~17:00
◇問い合わせ:0467-24-3437
◇公式サイト:http://www.city.kamakura.kanagawa.jp/kamakura-kankou/
◇明月院周辺の地図

明月院までのアクセスと駐車場情報


アクセス情報

明月院周辺には駅もありますし、車での移動も比較的混雑なしにスムーズに行けます。

◇公共交通機関
最寄り駅 徒歩の所要時間
JR横須賀線北鎌倉駅 約10分
江ノ島電鉄鎌倉駅 約30分
湘南モノレール江ノ島線富士見町駅 約30分

◇路線バス
路線バス名 下車場所 徒歩の所要時間
江2201 上町バス停 約5分
江2201 明月院バス停 約5分
江2201 建長寺バス停 約5分

◇自動車
横浜横須賀道路 朝比奈ICから3.8km
横浜横須賀道路金澤支線 金沢自然公園ICから5.4km
横浜横須賀道路 港南台ICから5.4km

まとめ

今回の記事では、鎌倉は明月院の紫陽花の見ごろや混雑状況、アクセスについてご紹介しました。

明月院では、「明月院ブルー」と呼ばれる鮮やかな青の紫陽花がとても有名で一見の価値があり!です。梅雨時期は鎌倉は各地に紫陽花の名所があるため、混雑は避けられませんが午前中の早めの時間帯や平日に訪れるなどの対策が有効です。

紫陽花の見ごろの時期は梅雨時期になってしまい、お出かけが億劫な時期でもあります。でも、明月院を始め鎌倉には梅雨の時期だからこその良さがあります。雨対策をしっかり、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか!



-季節の話題

           

こちらの記事も読まれています


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

神奈川県在住の1児のアラフォーパパです。
気が付けばサラリーマン生活ももうすぐ20年。
IT業界ドップリ、途中ちょっとカフェでバリスタもやってみたりと、異色のキャリアを経て現在に至ります。
日々の気になることやトレンド情報を中心に、のびとその仲間たちが綴っています。
お気軽にご覧ください!

まだデータがありません。