のびの気になるアレコレ

日常の気になる事柄をちょっと掘り下げてみるブログ

ビジネス

仕事のやりがいの搾取にご注意を!人生の主役は仕事ではない、自分のはず

投稿日:2017年2月12日 更新日:

Pocket

先月、「働きがいのある会社」ランキングが発表されました。
https://hatarakigai.info/ranking/

従業員1000人以上で20位までの発表を見ると、
日系、外資系は大よそ半々の割合でした。
昨年1位だった日本マイクロソフトが20位以下となっているのが興味深いですね。
一体、何があったのでしょうか。
単に、調査アンケートを実施しなかっただけでしょうかね。

さて、みなさんはやりがいを感じで日々の仕事に従事しているのでしょうか。





仕事のやりがい、働きがいとは何か?

自分が仕事をすることやしたことによってどう感じるか
ということだとシンプルに思います。

納得のいく対価なのか。
仕事の結果、感謝されることなのか。
仕事を通じて、誰かに必要とされていることを認識することなのか。

私は、断然対価なのですが、人によってはそう思わない人もいます。

なので、ランキングはあくまで順位をつけるために定義を作り、
指標化したに過ぎないと感じます。
現に、対価は指標に入っていません。

やりがいの搾取になっていないか?

昨年のドラマで大ヒットした「逃げ恥」で語られた「やりがい搾取」論
新鮮でしたね。
昨今の労働環境を反映するような象徴的なシーンだったように思います。

自分の会社でもまじめに働く人がほとんどですが、
サービス残業になるにもかかわらず必要以上に働いている人が本当に多いと感じます。
ブラック企業とまではいきませんが、組織的に是正する兆しがないため、
ブラックに近いように感じます。

若手でも大きな仕事をまかせる -> ベテランが少ないのではないか?
新しい仕事にチャレンジできる -> 業務整理ができていないのではないか?

物は言いようで、有限の人生が無限の仕事に埋め尽くされそうになります。

朝9時、10時から夜の21時、22時過ぎまで働く毎日、
果たして充実した人生になり得るのでしょうか?

仕事と人生

人生は有限です、そして恐らく1度きりです。
体力も知力もある30-40代を仕事だけに費やすのが
本当にもったいないと思う、今日この頃です。

世の中の知らないことを知りたくないですか?
世界の行ったことのないところへ行ってみたくはないですか?
時間があればやってみたいのに、ということをやってみたくはないですか?

仕事、時間に縛られたサラリーマンを脱出するために、
今月から新たなプロジェクトが始動します。



-ビジネス

           

こちらの記事も読まれています


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

神奈川県在住の1児のアラフォーパパです。
気が付けばサラリーマン生活ももうすぐ20年。
IT業界ドップリ、途中ちょっとカフェでバリスタもやってみたりと、異色のキャリアを経て現在に至ります。
日々の気になることやトレンド情報を中心に、のびとその仲間たちが綴っています。
お気軽にご覧ください!

まだデータがありません。