のびの気になるアレコレ

IT業界歴20年、ビジネス・ライフハック、日常の気になる事柄をちょっと掘り下げてみるブログ

雑学

Twitterアプリのデータ通信量に注意!通信量を抑える対策についてご紹介。

投稿日:2018年5月8日 更新日:

Pocket

現在、多くのユーザーから人気があるTwitterは、情報収集や友達とのコミュニケーションツールとして欠かせないSNSの一つではないでしょうか。iPhoneなどのスマホからの利用も簡単で誰でも利用しているような状況ですね。

そんな中ツイートをしたり、他のユーザーのツイートを見たりしていると「気づいたら速度制限がかかっている・・」なんて経験はありませんか?

知らず知らずのうちに通信量を使いすぎてしまうと、画像や動画の読み取りが遅くなり不自由している方も多いかと思います。

今回の記事ではTwitterを利用する際に通信量の節約・軽減するための対策をご紹介します。




スマホでのデータ通信速度が遅くならないための対策

データ通信量が多いと速度制限に引っかかってしまう恐れがあるため、日ごろから不要なデータ通信は発生させないということがとても重要ですね。

今回の対策では、ユーザビリティへの影響が少ない順に対策をご紹介します。
影響:小 -> 1.動画の自動再生をOFFにする
影響:中 -> 2.Twitter Liteを利用する
影響:大 -> 3.モバイルデータ通信をOFFにする

1.動画の自動再生をOFFにする

Twitterでのデータ通信量はやはり画像読み込み、動画再生が最も多いですね。なので、この読み込みや再生回数を減らすことがすわなちデータ通信量の抑制に直結します。

デフォルト(初期)設定だと、情報拡散ツールでもあるtwitterですからプレビュー段階で画像は自動的に読み込まれ動画も自動再生される設定です。

これを必要最小限にしましょう。

副次的には、バッテリー消費も軽減されるのでとてもメリットは大きいと言えます。

1.設定画面を表示し、「設定とプライバシー」をタッチ


2.続いて「データ利用の設定」をタッチ


これで今回対象となる設定変更画面にたどり着きます。

画像のプレビューと動画再生についての設定を変更します。身近にWi-Fi接続環境があることが前提にはなりますが、それぞれ次の設定がオススメです。

・画像のプレビュー
-> OFF(ただし、データ通信契約で通信量が少ない場合、または残データ通信量が少ない場合のみ)

・動画の自動再生
-> Wi-Fi接続時のみ

・高画質動画
-> Wi-Fi接続時のみ

※画像では、「画像のプレビュー」はONになっています。

Twitter Liteを利用する

続いての対策は、「Twitter Lite」というブラウザ版のアプリです。スマホのブラウザ経由で利用するtwitterですね。

2017年4月から利用可能となるこのサービスですが、通常のtwitter利用と比較しても大幅にデータ通信量が削減されているサービスです。

そのため不安定な通信環境、スマホのデータ通信量が残り少なくなってしまっている場合に利用しやすくなります。

コチラのURLからアクセスします。

https://mobile.twitter.com/

既にTwitterアカウントがある前提で設定をご紹介します。

1.設定画面を表示し、「設定とプライバシー」をタッチ


2.「データ通信量」をタッチ


3.データセーブにチェックをつける


データセーブにチェックしておくことにより、動画の自動再生・画像プレビュー表示がオフになります。

Twitter Liteをホーム画面に置く方法

Twitter Liteを利用せざるを得ない場合に、いちいちブラウザを開いてブックマークから呼び出すのも面倒ですよね。

iPhoneの場合の設定について、Twitter Liteに直アクセスするためのアイコン設定をご紹介します。

1.Twitter Liteへアクセスします。
https://mobile.twitter.com/

2.Safari画面下部の共有ボタンより「ホーム画面に追加」をタッチ



3.設定画面から右上に表示される「追加」をタッチ



これで、ホーム画面上にTwitter Liteアイコンが追加され、いつでもダイレクトにアクセスできるようになります。

3.モバイルデータ通信をOFFにする

最後の対策は、最終手段ですね。

Twitterのアプリのモバイルデータ通信をOFFするという方法です。この状態に設定すると、Wi-Fi接続環境でないと事実上Twitterが利用できない状態になるので、Twitterに関するデータ通信量は基本的に消費されないということになります。

1.モバイルデータ通信を開く


2.自動更新を防ぐためOFFにする

まとめ

今回の記事では、Twitterアプリのデータ通信量の抑える対策についてユーザビリティの観点から3つご紹介しました。
影響:小 -> 1.動画の自動再生をOFFにする
影響:中 -> 2.Twitter Liteを利用する
影響:大 -> 3.モバイルデータ通信をOFFにする
スマホ利用時の速度制限は、人それぞれによって違いがありますが通告が来た時のショックはデカイですよね!

日ごろから出来るだけ通信量は抑えておくことが肝要です、ご参考ください!

今回はTwitterに特化してご紹介しましたが、その他のアプリについてもコチラの記事でご紹介しています。

関連記事:Instagram利用時のデータ通信量が意外に多い?速度低下にならないための対策をご紹介。
関連記事:LINEアプリのデータ通信量を抑える対策についてご紹介!



-雑学
-

           

こちらの記事も読まれています


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

神奈川県在住の1児のアラフォーパパです。
気が付けばサラリーマン生活ももうすぐ20年。
IT業界ドップリ、途中ちょっとカフェでバリスタもやってみたりと、異色のキャリアを経て現在に至ります。
日々の気になることやトレンド情報を中心に、のびとその仲間たちが綴っています。
お気軽にご覧ください!

まだデータがありません。