のびの気になるアレコレ

IT業界歴20年、ビジネス・ライフハック、日常の気になる事柄をちょっと掘り下げてみるブログ

ビジネス

社内の上司、同僚への年賀状はどうする?書き方のポイントについて解説

投稿日:2017年11月12日 更新日:

Pocket

そろそろ年末が差し迫ったきましたが、
皆さん年賀状の準備はできていますか?

1年お世話になった上司や同僚への新年最初の挨拶になりますね。
普段、仕事上で直接お礼を伝えるのは少し気恥しい部分があったりします。
年賀状でしたら改めてお礼などしやすいですよね。

ですがいざ職場の方に年賀状を出そうと思ったものの、
「決まり事やマナーがわからない!」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回の記事では、社内の上司や同僚へ年賀状を出す際のポイントや
書き方の文例をご紹介していきます。

ご参考になれば幸いです。



仕事関係で年賀状を出すときのポイントは?

若手のビジネスパーソンは、仕事関係の年賀状を出したことがある方、
少ないのではないでしょうか。
学生時代のように気軽な文面で書いてしまっては、
常識を疑われてしまうことも少なくありません!
いくつか書き方のポイントをご紹介していきます。

賀詞に気を付ける

賀詞に使う言葉として様々ありますが、
何気なく使っている方いらっしゃいませんか?


上司や目上の方へは、「謹んで」という意味が込められている
・「謹賀新年」
・「謹んで新年のお慶びを申し上げます」
・「謹賀新春」
などの言葉を選びましょう。

一方の、同僚や後輩に向けては、
・「新春」
・「迎春」
・「賀正」
といった言葉で親近感を持たせるといいですね。

NGワード

旧年の感謝と新年を祝うことを目的しています。
めでたい場で避けるべき忌み言葉があります。
当然、
「去る」
「失う」
「滅びる」
などの忌み言葉はNGワードですので書くべきではありません。
例えば、「去年」ではなく「昨年」という風に書き換えます。

書き方のコツ

年賀状において(、)(。)句読点はつけないようにしましょう
年初めの挨拶で「区切りをつけないために句読点は用いない」
と言われています。
これも普段の文章の書き方とは異なりますね。
上手く改行を用いて書くと良いでしょう。

また、綺麗な字で書けるに越したことはありませんが、
それよりも誠実さ、堅実さが大切です。

誤字脱字が無いよう、ダブルチェックしておくようにしましょう。

元旦に届くよう手配すべし

いわずもがなですね、年賀状はなるべく元旦にとどくようにしましょう。
年賀状は新年の挨拶です、なるべく早めに送ることが礼儀となります。
一般的には松の内(1月7日)までに届ければ失礼には当たりませんが
早めに出すことを心掛けましょう。

年賀状を元旦に出すには
12月15日~12月25日までに投函すれば
ほぼ確実に元旦に届けることができます。

関連記事:年賀状はいつまでに投函すれば元旦に間に合う?

ボールペンはNGなの?

年賀状を書く事にあたって悪いということはありませんが、
新年の祝い事の場合ボールペンで書く細い字より、
毛筆で書いたような太く力強い字の方が良いとされています。

一般的には黒色インクの筆ペンを用います。
筆ペンが苦手という方は油性ペンやサインペンなどを
用いてもよいでしょう。

写真の扱いは?

最近は、家族ぐるみの交流をしたりと、
家族や自分の子供の写真の年賀状を出す方が多く見られます。

プライベートなら問題はありませんが、
上司の方で独身の方や子供がいないというケースも昨今は増えてきています。
そういった方へうっかり写真付きの年賀状で出してしまうのは考え物です。
不要に心証を損ねないために写真入りの年賀状は
控えておく方が無難ですので心得ておくようにしましょう。

社風、所属部署の慣例を確認しましょう

最後のポイントですが、
意外にも最近では社内で年賀状を送りあう事を
推奨していない会社があったりします。


これは「虚礼の廃止」といい、
「心がこもっていない、意味のない儀礼をやめましょう」という意味です。
年賀状を出せばいいかわからない。
出したくないけど礼儀だから仕方なく・・・
というような状況にならないようにするものです。
なかなかドライな社風なのかもしれませんね。

ですが本当にお世話になった方へ年賀状を出したいことであれば
送っても問題はないはずです。
年賀状を受け取って悪い気になる方はそうそういませんよね。

自分の会社が「虚礼の廃止」をしているかわからない場合は
周りの同僚や上司の人に年賀状を送るかどうか、
それとなく聞いてみましょう。

上司に出すときのおすすめ文例

さて、具体的な文例ですね。

年賀状には必ず一言添えることが一般的なマナーです。
1.新年を祝う言葉・挨拶文
新年あけましておめでとうございます今年で入社〇年目になります
ようやく仕事にも慣れることができました
昨年以上に積極的に仕事に取り組むよう精進する所存でおります
本年もどうかご指導のほうよろしくお願いいたします2.お礼の言葉
・旧年中は公私共に大変お世話になりました
本年もご指導ご鞭撻のほど どうぞよろしくお願いいたします3.相手側への健康を気遣う文
旧年中は大変お世話になりました寒さに向かう折ですので
お風邪など召しませぬよう お体くれぐれもご自愛ください

同僚へ出すときのおすすめ文例

こちらは上司の方への年賀状と違い自然な一言で短く書きます。
1.新年を祝う言葉・挨拶文
あけましておめでとうございます!
昨年のプロジェクトが無事成功できたのも
~君の頑張りだと思っています
今年もいっしょに頑張りましょう!2.お礼の言葉
昨年中は仕事だけでなくプライベートでもお世話になりました!
おかげで仕事にも慣れ自信がつきました
今年もどうぞよろしくおねがいします!3. 相手側への健康を気遣う文
昨年はすごく忙しい年でしたね
これからどんどん寒くなっていきますが
風邪などを引かないようにしてください!
今年もよろしくお願いします

お時間のある向け文例集

様々な方向けの文例集をまとめた動画のご紹介です。
お時間ある方はこちらもご参考いただければと思います。

まとめ

今回の記事では、社内の方に向けて年賀状を書くにあたり
気を付けるべきポイントについてご紹介しました。
会社内の年賀状はプライベートとは気を付けるべき点がいくつかありますが、
ご覧いただいたように特段、難しいものではありません。
ですが、これを外してしまいますと、ともすると見識を疑われたり
想定外のマイナスポイントが付いてしまうリスクがありますね。

ちょっとしたひと手間で、このリスクを回避することができますし、
その上で実は自己アピールできる貴重な場なのかもしれません。

今年はお世話になった上司の方や同僚に感謝の意味を込めて
年賀状を出してみてはいかがでしょうか?

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

-ビジネス

           

こちらの記事も読まれています


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

神奈川県在住の1児のアラフォーパパです。
気が付けばサラリーマン生活ももうすぐ20年。
IT業界ドップリ、途中ちょっとカフェでバリスタもやってみたりと、異色のキャリアを経て現在に至ります。
日々の気になることやトレンド情報を中心に、のびとその仲間たちが綴っています。
お気軽にご覧ください!

まだデータがありません。