のびの気になるアレコレ

日常の気になる事柄をちょっと掘り下げてみるブログ

雑学

平成の次の新元号はどうなる?発表の時期はいつ?

投稿日:2018年3月21日 更新日:

Pocket

天皇陛下が平成30年の節目の時期に生前退位により譲位するという事が少し前に話題になりましたよね。

退位が平成31年の4月30日という風に今のところなっているようで、その翌日の平成31年の5月1日からは息子である皇太子様が、新しい天皇に即位する予定になっています。


しかし、天皇が変わると元号が変わるという事が起こる為、多くのサイトで次の元号は何なのか?というような話題に挙がっていますね。

今回の記事では、新元号について過去を振り返りながらいつ頃に変更になるのか?についてご紹介します。




平成の次の新元号、発表時期はいつ?

ではいきなり本題ですが、平成の次の新元号はいつ頃に発表されるのでしょうか。

元号の発表は平成31年の4月30日の退位後に発表されるのではないと推測しています。


振り返ること昭和天皇の場合を見てみると、昭和天皇が崩御されてから8時間で発表されていました。

しかし、この新元号は10年前から準備がされていたという話もある為、実は今回もしっかりと準備はされているという事は考えられるでしょう。

準備はしてあっても、発表が無かったことを考えると、現天皇が退位するまでは現天皇に配慮をして発表を行わないという可能性が高いと考える方が妥当ではないでしょうか。

確かに、5月1日に皇太子様が即位される予定になっている為、その日に発表してはカレンダーなどの観点やシステム改修などの観点からも早めに発表するべきだとの声はあるようですが、基本的に天皇陛下の即位や退位というのは、亡くなられたタイミングというのが多く、年の途中で元号が変わる事が普通です。

ということで、平成31年の4月30日の退位後の発表の流れが濃厚ではないでしょうか!

新元号はいつから使うの?

さて、新元号が発表されてからいつから使用が開始になるか?というところも気になるところ。

ご存じの方も多いかもしれませんが既に政府が31年の5月1日より新元号の使用開始と発表しています。

これは、5月1日に現皇太子さまの天皇即位式がありますので、極端に言えば新天皇が誕生した瞬間から、新元号に切り替わると考えることが自然ではないでしょうか。

新元号が発表され、数時間のうちに使用が開始となるわけですが、ITシステムの運用保守をしている方への負担が気になるところですね。
戦々恐々としているのではないでしょうか…。

新元号は誰が発表する?

前例踏襲がベストの日本ですが、新元号は昭和から平成に移り変わった時の例を挙げると、当時の総理大臣である小渕恵三元総理が発表をされています。

おそらく皆さんも一度はご覧になられているであろう「平成」と書かれた紙?を持っている画像に移っているのが、時の小渕恵三元総理なのです。

次のご紹介する動画が「平成」を発表された際の映像ですが、昭和世代の方は、記憶に新しいのではないでしょうか!

<昭和64年1月7日・新元号平成>


これを考えると、新元号を発表する可能性が一番高いであろう日本人は、現総理大臣であると言えますね。


現在多くの事で、ニュースにもなっている安倍晋三総理大臣が、31年の5月1日まで総理のままでいけば、発表は安倍晋三総理大臣からという可能性が一番高いと言えるでしょう。

まとめ

今回の記事では、新元号の発表時期についてご紹介しました。

まだまだ新元号が何になるかという事は、一般の国民である私たちは知る術もありませんよね。

確かに、気になる新元号ですが、何になるのか今からとても楽しみだという方も少なくはないでしょう。

個人的には、世界の平和を願って「平和」なんて元号もありかなと思いますが、それではありきたりですから、もっと斜め上を行くようなやんごとなき元号が発表されるかもしれません。

どのような元号になるかという興味も確かにありますが、せめて国民が幸せに暮らせる世の中になることを表す元号になって欲しいのものですね!



-雑学

           

こちらの記事も読まれています


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

神奈川県在住の1児のアラフォーパパです。
気が付けばサラリーマン生活ももうすぐ20年。
IT業界ドップリ、途中ちょっとカフェでバリスタもやってみたりと、異色のキャリアを経て現在に至ります。
日々の気になることやトレンド情報を中心に、のびとその仲間たちが綴っています。
お気軽にご覧ください!

まだデータがありません。