のびの気になるアレコレ

日常の気になる事柄をちょっと掘り下げてみるブログ

健康 季節の話題 日常

2018年九州地方の花粉の飛散ピーク時期はいつ?黄砂と重なる時期はある?

投稿日:

Pocket

花粉症の方には辛い季節はもちろん花粉が飛ぶ季節ですよね。
年末年始の忙しい時期も過ぎて、ゆっくりできる期間もつかの間、花粉が飛び交う季節が到来します。一年の内でも体調管理に気を使う季節が到来してしまい、引き続き気を抜けない季節になってしまいます。そうなってしまう前に、花粉の対策をしておきたいのが花粉症の方の気持ちだと思います。

特に九州には九州山脈の杉の木が多く大変花粉症の方が多い地域だと言えるでしょう。また、2018年は例年よりも、花粉の飛散が多くなる予想になっています。特に多くなるのは、スギ花粉とのことで、2月ごろからは花粉症をもつかたにとっては、例年にないほど辛くなってしまう可能性があるので要注意です。

今回の記事では花粉症の方へ早めに備えができる様に2018年の九州地方の花粉のピーク時期についてご紹介します。

関連記事:2018年の花粉症対策はいつからする?予防や日常生活の注意点をご紹介




2018年の九州の花粉のピーク飛散時期はいつ?

2018年の花粉の飛散時期の予想は、九州は2月上旬からだと言われています。


特にスギ花粉は、今年は例年よりもやや気温が暖かい為、例年は2月の上旬から飛散されるところが、1月の内から少しずつ飛散が開始される予測がされています。その為、花粉症持ちの方は春を待つこと無く花粉に悩まされてしまう可能性が高いです。

1月末もしくは2月上旬ごろから、飛散が飛び始めるのですが、そのピークは2月末から3月末頃と予想されます。

また、スギ花粉の後にはヒノキの花粉も飛散が始まりますが、こちらは4月から5月頃がピークになりそうです。

イネなどの花粉も一部2月頃にやや飛散しますが、3月には落ち着き、また9月から11月初め頃にピークを迎え11月中旬ごろには終息へと向かうでしょう。

黄砂と重なる時期は?

花粉の飛散と合わせて九州地方で気になるのが、黄砂の飛散時期です。


日本には大陸からのモンスーン(偏西風)が吹いている為、大陸からの黄砂が飛んできます。そのため、特に大陸に近い九州地方は毎年多くの黄砂が飛来します。黄砂が飛来するのは、4月末から6月初め頃までです。この頃は、黄砂とヒノキの花粉が混ざり合う時期が一時的にあるため、花粉症に悩む方にとっては、スギ花粉並みに辛い状況になりそうです。

更に3月末にピークを迎えたスギ花粉も、4月5月と少量ですが飛来する可能性があるため、2018年のスギ花粉やヒノキ花粉の季節は、花粉症持ちの方にとってはとても辛い時期になる事は間違いないでしょう。しっかりと予防・対策をしておきたいですね。

今花粉症でない人も花粉症の方も注意が必要

今回の記事では、九州地方の花粉の飛散ピーク時期や黄砂の飛散時期についてご紹介しました。現在花粉症になっている方は、勿論大変な花粉シーズンになる事は間違いありませんが、実は花粉症になっていない方も注意が必要です。

と言うのも、花粉症はいつどの時点で花粉症になってしまうかはわかりません。特に花粉症は、アレルギーが原因なので、体内の対応量を超えてしまうと、突然発症してしまう事もあり得ます。

ですので、例年よりも多い量の花粉の飛散が予想される2018年は、花粉への備えをしっかりと行い、花粉症にならないようにしましょう。

最後までお読みいただきまして有難うございました。



-健康, 季節の話題, 日常

           

こちらの記事も読まれています


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

神奈川県在住の1児のアラフォーパパです。
気が付けばサラリーマン生活ももうすぐ20年。
IT業界ドップリ、途中ちょっとカフェでバリスタもやってみたりと、異色のキャリアを経て現在に至ります。
日々の気になることやトレンド情報を中心に、のびとその仲間たちが綴っています。
お気軽にご覧ください!

まだデータがありません。