のびの気になるアレコレ

IT業界歴20年、ビジネス・ライフハック、日常の気になる事柄をちょっと掘り下げてみるブログ

お天気・天候

2018年の関東北部・南部の梅雨入り予想をご紹介!

投稿日:2018年4月14日 更新日:

Pocket

春の季節が訪れ、毎年来てしまう梅雨の時期。

6月~7月の梅雨時期に入ると鬱陶しい雨が続き、洗濯物が乾かなかったり気温の差が激しいので、体調を崩したりなど何かと憂鬱な時期になりますね。


あらかじめ梅雨時期を知っていれば、様々な対策が出来ますが関東の梅雨入りはいつ頃なのでしょうか?

今回の記事では、過去5年の梅雨入りから予測しグラフを見ながら関東の北部・南部に分けて梅雨入り時期についてご紹介します!


関東北部・南部の梅雨入りはいつ?

関東の梅雨入り・梅雨明け時期を北部と南部に分けてご紹介していきます。

北部)栃木県・群馬県・茨城県
南部)東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県

関東北部の梅雨入り予想

過去の実績から今年の梅雨入りはおおよそ、6月6日~15日の間と予想!

※指標は梅雨入り時期の降水量平均値

こちらグラフを見てみると、過去5年の梅雨入り時期は6月に入ってからが多いことがわかります。皆さんも過去の経験上、まぁ6月以降だなぁというのがお分かりかと思います。

ですが5月~6月にかけて台風などもある可能性があり、「この日から梅雨入りだ!!」とは言い切れないので確実ではありません。

最も早い梅雨入りは2014年6月6日頃で、最も遅い梅雨入りは去年の2017年7月1日でした。

2017年7月の梅雨入りに関しては、過去10年の予想日でも7月という記録はなく非常に珍しいですが、年々関東の梅雨時期は遅くなっている傾向があります。

6月6日~5月15日までの梅雨入りが多くあることが分かりますので、過去の実績から今年の梅雨入りはおおよそ、6月6日~15日の間と予想されますね。

関東南部の梅雨入り予想

過去の実績から今年の梅雨入りはおおよそ、6月5日~6月15日の間と予想!

関東南部エリアの過去5年の梅雨入り時期を見てみると、こちらも北部と同じで梅雨入りは、6月に入ってからのようです。南部エリアはだいたい6月の中間から6月の末の間ですね。

最も早い梅雨入りは2014年6月5日で、最も遅い梅雨入りは6月30日でした。

南部エリアも年々梅雨入りが遅くなっていることがわかります。

6月5日~6月15日の間の梅雨入りが多くあることがわかりますので、おおよその予想を踏まえて今年の南部エリアの梅雨入りは、6月5日から6月15日の間になりそうですね。

まとめ

今回の記事では、2018年の関東北部・南部の梅雨入り予想のご紹介でした。


あくまでも予想ですので、前後する可能性がありますので参考としていただければ幸いです。

過去5年の梅雨入り時期を見た結果、今年の梅雨入りは6月の上旬以降と予想しました。

梅雨に入ると何かと憂鬱な事もあるかと思われますが、そこを乗り切ると待ちに待った夏がやってきます!

楽しいバケーションを心待ちに憂鬱な季節を乗り切りましょう!

関連記事:梅雨時期の嫌な湿気やカビへの対処はどうする?4つの対策をご紹介!



-お天気・天候

           

こちらの記事も読まれています


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

神奈川県在住の1児のアラフォーパパです。
気が付けばサラリーマン生活ももうすぐ20年。
IT業界ドップリ、途中ちょっとカフェでバリスタもやってみたりと、異色のキャリアを経て現在に至ります。
日々の気になることやトレンド情報を中心に、のびとその仲間たちが綴っています。
お気軽にご覧ください!

まだデータがありません。