のびの気になるアレコレ

IT業界歴20年、ビジネス・ライフハック、日常の気になる事柄をちょっと掘り下げてみるブログ

雑学

花火の雑学!打ち上げ花火の種類と名前は確認済み?花火大会前に要チェック!

投稿日:

Pocket

夏の風物詩である花火は、伝統を守ってきた多くの花火師たちの情熱の結晶。年々、嗜好を凝らした打ち上げ花火や仕掛け花火が増え、それぞれには個性的な形をしたものなど沢山の花火がありますよね。

そんな素敵な花火にはさまざまな種類、名前がありますがどれくらいご存知でしょうか?スターマインや柳など見た目がわかりやすいものなどは有名ですが、それ以外にもおさえておくべき花火があるんです!

今年の花火大会では、ぜひ行く前に花火の種類、名前をチェックしておくと楽しさも倍増すること間違いなし!

今回の記事では、打ち上げ花火と仕掛け花火のさまざまな種類について紹介します。




打ち上げ花火の種類

打ち上げられる花火には割物・ポカ物の種類に分類されます。

この二つの種類の花火を知ることでより楽しく鑑賞できますので、参考にしてみてください。

割物花火

割物花火とは、花火玉が打ち上げられた後に空で星(火薬玉)が丸を描くように飛び広がる花火。

丸く美しく日本で最も代表的な花火です。

菊(きく)



最も古典的な花火で「菊花型花火」とは、菊花火のことです。

スーッとオレンジ色の尾を引きながら放射状に飛び散り、まるで菊の花のように紋を描きながら散ります。花びらの先の色が変化する菊の花火は変化菊とも呼ばれます。

牡丹(ぼたん)



菊と同じように丸く開きますが、尾を引かず色や光の点で牡丹のように花開かせ、シュッとした綺麗な点が特徴です。

牡丹の中でも火薬にマグネシウムなどを使用した明るい光を「ダリヤ」と呼びます。

冠(かむろ)



花火が打ち上げられた後も、星が長い時間丸く開きながら流れ落ち、地面につく直前に消える花火です。

流れ落ちる様がおかっぱに似ていることから「冠」と名が付きました。

万華鏡(まんげきょう)



万華鏡は、星を一握りずつ和紙にくるみ何個かに分散させ、玉に詰めた花火です。

打ち上げられると纏まって花開き、まるで万華鏡を覗いたかのように美しく見えます。

ポカ花火

ポカ花火とは、文字の通り花火玉が夜空でポカっと二つに割れて、中に詰めた火薬玉が落ちていく花火

ポカ花火には自由な動きをするものから火薬玉に落下傘を付け空からゆっくりと落ちるものもあり、それぞれ個性的な花火ばかりです。

千輪(せんり)



打ち上げられ、花火玉が夜空で割れた際に、中に詰めた幾つもの小玉(小さい花火)が一瞬遅れて開く花火です。

夜空一面に小さい花火がたくさん花開く姿は夏の夜空を彩り輝かせます。

型物(かたもの)



いわゆる創造花火で使用され、光の点や線で
・スマイル
・星
・ハート
などの様々な形を描き出し、子供たちからも大人気の花火。

型物は丸い形ではないため、打ち上げられた向きによって観えづらいことがありますが、真正面からだと綺麗に観られます。

柳(やなぎ)



柳の木が垂れさがっているかのように夜空でポカっと割れた玉から星がこぼれ落ちる様が特徴で、花火大会の代表的なポカ花火。

現代ではカラフルな柳花火や落ちる時に色が変化する花火もあります。

飛遊星(ひゆうせい)



打ち上げられ夜空で開いたときに光が自由気ままに飛び回る花火。

光が流れ星のように飛び回る姿はまるで流れ星の様で人気があり、最近では色々な飛び方をする星が作り出されています。

仕掛け花火の種類について

スターマイン


スターマインは別名「連射連発花火」とも言われており、様々な花火を組み合わせて夜空へ連続的に打ち上げる花火。

短時間の間スピーディーに連発するスターマインは多くの花火大会で、オープニングからフィナーレと最大の見せ場を演出していますので、どこの花火大会でもはずせない花火となっていますね。

ナイアガラ


ナイアガラは多くの花火大会でとても人気の高い仕掛け花火。

ワイヤーに無数の細い筒に入った花火を吊りさげたもので、何個も吊り下げそこからあの綺麗なナイアガラ花火が光り輝きます。

水中花火


海や湖などが近くにある花火大会でよく打ち上げられている仕掛け花火。

ボートや船から水中に直接投げ込むものから、水中に浮かべて花火をセットするものもあり、水中から輝き散る姿は、水面に移りとても美しい仕掛け花火ですね。

V字トラ


地面からスピーディーに発射し空に飛び散る花火。

スターマインにもよく盛り上がり役で使用されております。V字トラと同じ、トラ・虎の尾という仕掛け花火もよく見られます。

まとめ

今回の記事では打ち上げ花火と仕掛け花火の種類を紹介しました。花火の種類は大きく、次の3つに分類されるんですね。

・割物花火
・ポカ花火
・仕掛け花火

それぞれさらに多くの種類があり、どれも美しい花火ばかりです。日本の夏の夜空を彩るまさに花火職人の努力と知恵の結晶ともいっても過言ではないでしょう!

今年の夏の打ち上げ花火を観る際の参考にしてみてくださいね。



-雑学
-

           

こちらの記事も読まれています


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

神奈川県在住の1児のアラフォーパパです。
気が付けばサラリーマン生活ももうすぐ20年。
IT業界ドップリ、途中ちょっとカフェでバリスタもやってみたりと、異色のキャリアを経て現在に至ります。
日々の気になることやトレンド情報を中心に、のびとその仲間たちが綴っています。
お気軽にご覧ください!

まだデータがありません。