のびの気になるアレコレ

日常の気になる事柄をちょっと掘り下げてみるブログ

マネー

サラリーマンで富裕層になるためには

投稿日:2016年11月20日 更新日:

Pocket

デフレが続き経済状況が上向かない日本経済ですが、
ラットレースとも比喩されるサラリーマン生活から抜け出し富裕層に
ランクアップしたいと夢見る方は多いのでないかと思います。

この記事ではどのように富裕層を目指すのかについての計画を個人的にまとめています。
誰もが同じような道を辿り富裕層というゴールにたどり着けるのかは
まったくもって不明ですが、やらなずに無為に過ごすのは避けたいと思い、
記事にしています。

皆さんのお役に立てられれば幸いです。





富裕層とは一体どれくらいの金融資産をもった人たちを指すのでしょうか?

日々の仕事に忙殺されて、ひょっとしてそんなことを考えてこともない方も
いらっしゃるんじゃないでしょうか。

日本においては純金融資産が1億円以上あると富裕層という位置づけになるようです。
この純金融資産とは貯金、株式といった資産から借金を差し引いたものを指します。

純金融資産が5000万以上1億円未満が準富裕層というらしいです。

私もまずは準富裕層を目指して、10年計画で頑張りたい思っています。

実際、世のサラリーマンの平均年収400-500万のレンジだと仮定したときに、
実際の手取りが300-400万ですよね、年に貯金できる額がその15%だとして、
約40-45万円。約30年働いたとしても、1350万円しかたまらないですね。
順調に昇給したとしても、2000万たまれば良いほうでしょうか。

その間に発生するライフイベントもありますし、必要な老後資金が5000万とも7000万とも
言われていたりすることを考えると老後を余裕をもって生活するにはぜんぜん物足りないですよね。

私の場合、紆余曲折を経て年収が約700万ありますが、手取りだと約550万円。
年に60万円は貯金できる計算ですが、去年までは無計画に暮らしていたせいで
ぜんぜん貯蓄できていません(反省)。
で、預金は50万でそのほかに株が20万程度。

今年から本気出す予定ですが、
アラフォーの私には残されたサラリーマン人生も長くありません。
あと、20年と仮定して約1200万貯金できるはずですがぜんぜん足りないですね。
お先まっくらです。ただ生きるだけなのにほんと辛いですね!
あとは個人年金の積み立てが多少ありますが、心許ない状況。

ネガティブでいても仕方がないので、
とりあえず突破口をここ数か月間ずーっと検討してました。
妻と会話してもぜんぜん私の焦りが伝わらないのがほんと無念です笑

参考リンク)資産形成についての記事はこちら

金融資産を増やす計画として、検討した結果

1.インターネットビジネスで投資資金をためる
2.不動産投資で資産を拡大する
3.自分の会社設立 or 個人大家業でセミリタイア

で行こうと決めました。

結論だけ書くとかなりあっさりしてますが、
乏しい資金で不動産投資をしようと仲介業者や不動産業者に話をしましたが、
どこもその資金では辞めた方がいいの一点張り。

薄々気づいていましたが、やはり第3者にきっぱりいわれると諦めがつきますね。
世に出ている本で、自己資金ゼロでも投資できる!を読み漁ったけど、
さすがに今の資産状況だと無理だといよいよあきらめたという経緯がありました。

そんな中、不動産投資系のブログを見ていたらインターネットビジネスにも
取り組まれている方を知り、その方の手法の一部を踏襲すれば、
可能性があるじゃないかと思い立ちました。

なんとか経済的自由を勝ち取るために、「1」を達成したいところですね。

何を隠そうこのブログもその一環です。
また、ブログも立ち上げて間もないですが、ゆっくりとこのブログも育てていきたいです。

金融資産の状況も随時アップしていきたいと思います。

参考リンク)サラリーマン脱出計画の進捗記事はこちら



-マネー

           

こちらの記事も読まれています


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

神奈川県在住の1児のアラフォーパパです。
気が付けばサラリーマン生活ももうすぐ20年。
IT業界ドップリ、途中ちょっとカフェでバリスタもやってみたりと、異色のキャリアを経て現在に至ります。
日々の気になることやトレンド情報を中心に、のびとその仲間たちが綴っています。
お気軽にご覧ください!

まだデータがありません。